« ST40年の歴史が終わる | トップページ | オヤジ(父) »

2006年10月 6日 (金)

MINI途中経過

今日、MINIを修理に出している車屋さんから電話がありました。やっぱり結構かかりそうですね!車の修理代って幾らかかったって言うより幾らかけてどこまで直すかって言うほうが正しいらしく、今回は限界の限界15万円コースにしました。一番奥にある温度センサーはまだ使えそうなんで、容量の大きいラジエーターとサーモスタット、そしてウオーターポンプと肝心なぶっ壊れていたプーリーを交換してその他マイナーパーツとホース類+工賃の値段です。これであと2年は安心して乗れそうで夏のオーバーヒート対策もばっちり!みわきちが友達と一緒に広島まで行っても大丈夫ってわけです。ふ~~~っそれにしてもお金がかかります。決して英国車が壊れやすいってわけじゃないんです。もう言っても80000kmは軽く超えてますし、今年でもう10年目です。国産車ならとっくに廃車になる程の距離と年式ですがMINIのエンジンはとにかく強い!構造が簡単なんですよね。水周りはやっぱり涼しい国の車なんで少し不安はありますが、基本的には丈夫な車だと思います。これからも大事に乗って行きたいですね!ですから”みわきっちゃん”もうちょっと車を手入れしてちょ~ね!

|

« ST40年の歴史が終わる | トップページ | オヤジ(父) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MINI途中経過:

« ST40年の歴史が終わる | トップページ | オヤジ(父) »